記事↓
2017/10/05(木)-16:28 前の情報へ 次の情報へ Topに戻る

皮のガーデニア/クリスマスの額

今日は太陽が出ているにもかかわらず、寒いくらいの気温ですね。
皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

昨夜は十五夜で、雲の切れ間から、まあるいきれいなお月様をご覧になられた方もたくさんいらっしゃると思います。
私もベランダからちょっとだけ見ました。肌寒く感じましたが、でもしっかり蚊に刺されてしまいました!

ちまたはハロウィーンの飾りつけで賑やかになり、カボチャのオレンジのイメージのせいか、実りの秋を感じる今日この頃です。

では、最近のレッスンから、作品をご紹介させていただきます。

まずはコサージレッスンから。

こちらは先月に行われたレッスン作品です。
ご紹介が遅れ、申し訳ございませんでした。

レザーで作りましたガーデニアです。
実際のお花よりはだいぶ小さめの、小ぶりなサイズですので、普段使いに
重宝する一品ですね。

レザーはおコテの温度調整が難しいので、お二人とも、とても慎重におコテを
当てていらっしゃいました。

模様の入ったレザーの方も、いい感じに丸くなっていますね。




花芯の部分も、バランスよく、きれいにまとめられています。

アクセントで入れたグレーの花弁も、模様入りの花弁も、ちょうど良い場所から
きれいに見える様に入っていて、さすが!ですね。

レザーですのでしっかりとしていて型崩れしにくいので、これからの季節、
おしゃれを楽しむのに、とっても役立ちそうな、素敵なお花が出来上がりました!










ここからは、今週行われましたカリグラフィレッスン作品です。

もう早くも、クリスマス作品の制作でした。
この時期に作っておけば、長く飾ることができて、お得?ですよね〜。

講師の小川先生のアイデアで、今年はくるみボタンを作って、その上に
「メリークリスマス」を描く、というデザインになりました。

額に入れるくるみボタンの布を探す事から始め、キラキラのストーンやら
ヒイラギもどきの布葉、飾りのリボン...など、材料を集めるのも、
とても楽しかったです。





皆さん、それぞれ台紙の色が違うので、同じように作っても、全く違った雰囲気の
額になりました。

こちらは温かみのあるピンクベージュの台紙に、アンティーク調の布、麻ひもの
リボンや個性的なリボンが入っていて、
額のフレームにとってもマッチした、カントリー調の素敵な額に仕上がりました!










こちらは、黒の台紙に、いろんなお色の布を使って、
更にリボンもくるんくるんと...

クリスマス柄のテープも放射状に入っています。
あちこちにキラキラ、ストーンも散りばめられていて、
黒の台紙の上ですと、まるで雪が降っているみたい!

とーってもきれいです!












今日は木曜日。週末までもう一息です。
カリグラフィの小川先生、今月もありがとうございました。
クリスマス作品制作、とても楽しかったです!

急に涼しくなり、電車の中や道を歩いている人の中にも、咳き込んでいる人が
増えてきました。
どうぞ皆さま、お風邪など召されませんよう温かくして、

実りの秋を楽しみましょうね!

記事↑