記事↓
2017/12/04(月)-20:41 前の情報へ 次の情報へ Topに戻る

マニッシュなコサとブルーリーフのXmasツリーマニッシュ

冬の澄んだ空気のおかげでしょうか、昨夜はスーパームーンが、とっても
きれいに見えましたね!
寒い日が続いていますが、皆さまお風邪など召されていませんか?
巷はもうすっかりクリスマスの飾りつけで、キラキラ、キラキラ!!
また今年も、この美しい季節がやってきましたねー。
毎年のことですが、やはりこの時期はワクワクします。

では、ここ最近のレッスン作品をご紹介いたします。

こちらは
2種類の黒と淡いベージュを使った
レザーのコサージです。

何と言いますか、モダンとか?マニッシュとか??
かなり個性的なデザインです。

シャープな雰囲気を出すために、カットの技術が要求されますが、
Fさん、とても丁寧に、きれいにカット、ワイヤー貼り、
レザーどうしの張り合わせ…などなど、
上手に仕上げていきました。











花弁の中には、こんな風に薄い布も挟み込んだり、
なかなか手の込んだ難しい作業もありました。

花芯のペップの量も通常より多めですし、
束ね方も違うやり方でしたが、

またまた素敵でカッコいいお花が、完成しましたー!














こちらの作品は
クリスマス向けのフレームです。

薄手のオーガンジーや地厚のビロード、毛足の長いシール、光沢のサテン…などなど、
数種類の布を使っています。

それを大小混ぜてリーフの形にカットして。
Sさんには、その一部をブルーに染色するところからやっていただきました。

そして、それらをリーフ用の押しごてで、おこてを当てて、
裏にはワイヤーを貼って、
なかなか大変な作業でした。












ツリーの上の方にあるこのブルーのポインセチア、
花芯にはビーズを使っております。
でも、このお花?リーフ??のすごいところは…

この部分だけ
フレームのツリーから
取り外せる事なんです。



















裏側をご覧いただくと

水色ワイヤーの土台と言いますか、引っ掛けるフックのようなところに、
コサージ用のピンで挟んでいるのです。

ですので、当然、取り外して、この部分だけを
コサージとしてお使いいただけます。

リーフの枚数が多いので、大変だったですねー!
でも、その分、本当に美しく、素晴らしいフレームができあがりました!!
お疲れ様でした。








今週もまだ始まったばかり。
寒さに負けず、頑張っていきましょうね!
記事↑