記事↓
2018/01/30(火)-14:21 前の情報へ 次の情報へ Topに戻る

深紅のシンビジュームと書初め

東京とは思えないほど非常に寒い日が続いていますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
先日はうん十年ぶりの大雪で20p以上つもりましたねー。
だいぶ溶けてはきましたが、まだ道路の端、日陰の部分には、氷の様に固くなった雪が、所々に残っています。
年老いて、歩くこともだんだん難しくなっている犬たちのお散歩も、ちょっと辛く感じる2018年の1月です。

こんな低温にも負けず、遠路お越しいただきました生徒さん方の作品を、ご紹介させて頂きます。
まずはカリグラフィーレッスン、今年第一回目の「書初め」になります。
昨年12月はレッスンがありませんでしたので、久しぶりにペンを握りました。
(↑普段から練習していないの、バレバレですね!)

カッパープレート体のペン運びの練習です。
ペン先の力を抜いたり圧をかけたりして、線の細い太いを出すのですが、
なかなか難しいですねー。








レッスンの最後にはちょっとしたまとめの作品を書きます。
つづりを間違えないように気を付けながら、線の太さ、力の入れ具合やタイミング、
傾斜角度などなど、細心の注意が必要です。

さすがOさん、とっても上手に書けていて、うらやましいです!!
















こちらは、お花のレッスンです。
こんなに鮮やかな赤のシンビジュームがある・・・!?

はい、生花ではありません。布のお花です。
地厚なシールやサテンの布を染色して、おコテを当てて、
名人Fさんが丁寧に作らました。

花弁1枚1枚、すべてにワイヤーをはさみ、裏布を貼り合わせています。












おコテは中弁ゴテを使っていますが、花弁のフリフリ感を出すために、
ちょっと変わったおコテの使い方をしています。

ランのお花は本当に特殊な形をしていて、中心の突起状のものも、
見れば見るほど、不思議な形状ですよね〜。なんかお花というよりも
動物と言いますか、虫みたいな感じ、しませんか??

こんなにリアルなお花が作れるの、凄いです!
お見事です!!














繰り返しになりますが、寒く足元が滑りやすい中、皆さまお越しいただきありがとうございました。
カリグラフィーの小川先生、長時間ありがとうございました。
ちまたでは、インフルエンザが猛威を振るっているそうです。
どうぞ皆さま、手洗いうがいを忘れずに、暖かくなさってお過ごし下さい。
記事↑