記事↓
2018/03/18(日)-15:36 前の情報へ 次の情報へ Topに戻る

桜の枝コサージと赤エナメルの椿

初夏のように暖かかったり、また真冬のように寒くなったりと、毎日、ころころと
季節が入れ替わる時期ですが、皆さま、花粉症はいかがでしょうか?大丈夫ですか?
まだまだ花粉症になっていない私でさえ、何だか鼻の奥というか喉の奥がムズムズする
くらい、かなりの量の花粉が舞っている感じがします。

桜の開花宣言も出ましたね!ここ東京の満開は25日頃とか。
また、ワクワクする楽しい季節になってきてますねー。

ここ里の花でも、桜のコサージを作られた方がいらっしゃいます。

まさにこの時期ならでは、季節感満載の‘桜’の花です。

桜のはかなさ、でも存在感のある力強さを出すために・・・
やはり素材は本絹に限ります!!
本絹オーガンジーの花弁に、ガクやリーフも本絹を使いました。
















花弁はお花の大きさにもよりますが3〜5枚重ねで作っておりますので、
八重咲の桜ですね!

細かい繊細な作業でしたが、普段からお忙しくお仕事されているWさんですので、
とても要領よく上手に作られていました。

リーフの数枚は赤みがかったお色で、とっても雰囲気がありますよね?!
先端には小さなつぼみもついていて、「かわいい、かわいい!」と何度も
おっしゃっていました。








製作の直前まで、従来のコサージらしい丸型にするか迷われていらっしゃいましたが、
枝ものにして良かったですねー!お店には売られていない、オリジナルですから!!

卒園式に素敵な‘はな’を添える事、間違いなしです。
















雰囲気変わりまして、こちらは、赤いデニム、ヒョウ柄と赤いエナメルを用いた
おしゃれなカメリアたちです。

大小、雰囲気は少し違いますが、花芯を除いて、花弁にはどちらも同じ素材を
使って作っています。

大きい方のお花は、花芯を作るのにペップを束ねて貼る・・・以外にも、素ボールにワイヤーを通して、花弁と共布でくるんで…、と、大変細かい、ちょっと難しい作業が
ありますが、ベテランのFさんは、さすが!でした。








花弁とはお色味の異なるペップが花芯として使われていますが、ちょうど良い
アクセントになっていて、とっても素敵ですよねー!

エナメル素材は、やはりこげやすいと言いますか、溶けやすいので、おコテの温度に
とっても気を付けなければならないので、気の抜けない作業が続きます。
でも重鎮のFさんは、この日、こんな素敵なカメリアを、一度に2つも仕上げて
しまいました。
凄いですね!







年度末の大変お忙しい中、お時間を作っていただきお越しいただいた皆様、
本当にお疲れさま、そして、ありがとうございました。
3月もいよいよ終盤戦!!、美しい桜を愛でながら、
今週も頑張りましょう!
記事↑