記事↓
2018/11/06(火)-15:53 前の情報へ 次の情報へ Topに戻る

カリグラフィ、今年のXmas額です!

しばしの間、真っ青な青空の広がる気持ちの良いお天気の日が続きましたが、
今週末からは、また曇りや雨の空模様になっております。
皆さま、その後いかがお過ごしでしょうか?
先月末のハロウィーンの、狂気に満ちたバカ騒ぎから一転、渋谷からさほど遠くもない
この辺りも、やっと落ち着きを取り戻し、一部では、早くもクリスマスのイルミネーションが始まりました。
また今年も、私のだーい好きなこのキラキラの季節が近づいてきました!

メンバーそれぞれの都合により、8月以来のレッスンになりましたカリグラフィレッスンも、今回はクリスマスの額の制作でした!
では早速、ご紹介いたします。

今年のイメージは‘森’という事で、
全体的にシックな色合いのクリスマス額に仕上がりました。

皆さん、同じお材料で作られたのですが、やはりそれぞれに個性があって、
ちょっとづつ違いはあるものの、どれも素敵でかわいい作品に仕上がりました。














Merry Christmas の文字はカッパープレート体です。

白い細い毛糸のような糸をクシュクシュっとして、
雪が降り積もっている様にも見えますよねー。
そこから木の実やベリー?などが、ニョキニョキ(笑)と生えている?…ような…!

とってもおしゃれなデザインです!!















  

こちらの作品、文字はイタリック体で書かれています。

白い毛糸のクシュクシュは、斜め上の方にあって、鳥の巣みたいです。
そこに色々な飾りが施されています。
何でも、小鳥が自分の巣にいろんなものを運んできて集めている…のだそう。

ストーリーのある、とても愛らしい作品ですよね〜!












この作品、Merry Christmas の文字は、やはりカッパープレート体です。
文字の下に先生がご用意して下さった素敵な糸を添えているので、
文字がちょっと見えにくくはなっておりますが…。

こちらは、白い毛糸の雪だまりは、斜め下の方にあります。
そこに木の実やベリー類の飾りを乗せて、雪の結晶も散りばめました。

額の上の方に、小鳥が糸を引っ張っていたずらしている様にしました。








台紙の模様に、お写真ではわかりずらいのですが、小鳥さんがいて、
更に先生が小鳥のスタッズをご用意下さったので、
皆さん、それぞれに、小鳥スタッズの使い方に工夫を凝らしていました。

毎年恒例のクリスマス額製作、今年もとっても楽しかったです!
小川先生、お忙しい中、色々とご準備、ありがとうございました。


11月になり、寒さも忙しさもますます厳しくなると思いますが、
皆さま、どうぞご無理なさらず、お体を大切に、この季節を乗り切りましょう!
記事↑