記事↓
2020/03/17(火)-17:10 前の情報へ 次の情報へ Topに戻る

深紅のバラに‘ワトル’のコサージ、作りました

あっという間に新型コロナウイルスが世界中に蔓延してしまいました。
皆さま、そしてご家族の皆様は、いかがでしょうか?大丈夫でしょうか?
ここ里の花教室でも、子育て真っ最中の方々や、ご家庭でご両親様を介護
されている方々がいらっしゃいますので、2月後半から、すでにすべての
レッスンをキャンセルさせて頂いております。

例年なら、この時期は、卒・入学式用のコサージを制作される方がいらっしゃるのですが、
今年は何だか、気持ちも落ち着かず、メディアのニュースに不安を掻き立てられる
毎日ですねー。
ですので、ちょっとだけでも、気持ちが上を向くように・・・


ご紹介が大変遅れてしまい申し訳ございませんが、
こちらは、前回の淡いピンクの紫陽花コサージの
続きです。
同じTさんがお作りになられました。

深紅のバラの、大きめなお花です!
インパクト、凄いです!!

こちらは、Tさんが以前にお世話になったという
オーストラリアの女性に差し上げるため、
あつーいおコテを一生懸命当てて、作られました。









そのオーストラリアのお方もお花が大好きらしく
お家でも生花のアレンジメントをされていて、そのダイナミックな
アレンジの中に、赤いバラと白いオーニソガラムの様なお花が
使われていました。
それでコサージにもそれらのお花を取り入れてみたのです。

白いオーニソガラム風の小花の花芯には
黄色と深い藍色のビーズを入れました。

バラは花弁の枚数も多く、コテ当ても大変な作業なのですが、
すごい集中力で、こんなに素敵で立派なお花を作られました。
お見事です!

オーストラリアの‘お母さん’に、きっと想いが届きますねー!






こちらもTさんの作品です。

こちらは、ご自身用のお花です。
この季節、巷でも、家々のお庭や玄関先に見かける
‘ワトル’という木に咲くお花です。

この日、Tさんは3つも制作。
ゴージャスな赤バラも素敵ですが
この小ぶりの、普段使いできる、
とってもかわいいお花も良いですねー!










‘ワトル’つながりで・・・
こちらは私が、梵天(ぼんてん)という、綿みたいのを
丸く丸めた素材を使って、ワトルを作りました。
日本では‘ミモザ’というか、‘アカシア’と言った方が
分かりやすいでしょうか?

櫛みたいな細い葉に、小さくて黄色い、丸っこいふさふさの花が
たくさんついている、今の季節に咲いているお花です。
地植えしていると、屋根の高さになるほどの立派な木になります。











ビタミンカラーという言葉の通り
黄色いお花は、なぜだか元気をくれますよねー。

横姿は、こんな感じ。
ちゃんとピンも付いてます。
これを着けてお出かけしたいけど・・・
不要不急の外出は控えないといけないので、
家で着けて楽しみます!











桜の便りも聞こえてきました。
東京は今週末、早くもお花見が楽しめそうですが、

皆さま、うつらない!うつさない!!をモットーに
どうかご無事で・・・
幸運をお祈りいたします。
記事↑